『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう![HOME] > ニキビのモトをなくそう! > ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体 -vitaminC-

ビタミンCは、過剰な皮脂分泌を抑制し、にきびの原因を排除するはたらきがあります。

ビタミンCはとても不安定な物質で、皮膚から吸収できない、化粧水の瓶の中で品質を保てない、という問題がありました。その問題を解決したのが「ビタミンC誘導体」です。

皮膚の上からビタミンCを作用させるには、不安定なビタミンCを安定させた「ビタミンC誘導体」しかありません!

「ビタミンC誘導体」とは、不安定なビタミンC安定させ、皮膚細胞に吸収させることができるように加工したものです。皮膚細胞内に取り込まれてから、酵素反応によってビタミンCに変化し、直接細胞に働きかけます。

ビタミンCの作用

「ビタミンC誘導体」は、大人の肌を健康にたもち、ニキビだけじゃなく、そのほかの肌トラブルにも有効です!具体的には、以下のように作用します。

  • 皮脂の分泌抑制
  • 角栓を開く
  • 抗酸化作用
  • コラーゲンの生成促進
  • メラニンの還元作用
  • メラニンの生成抑制
  • 色素沈着抑制

とくに、「皮脂の分泌抑制」と「角栓をひらく」作用により、ニキビが改善するといわれます。角栓をひらき、かたいコメドが排出されると、まず、肌のざらざらした感触がつるっとする効果がみられます。
「皮脂の分泌抑制」は皮脂分泌が多くない大人のニキビの場合、重要度がひくいのですが、どんどん化膿ニキビがでてきてしまうタイプには、そのペースをおとす作用があります。
この2つに関しては、『おとなのニキビ』だけではなく、「思春期のニキビ」にも効果があります

「抗酸化作用」は、肌に害をおよぼす活性酸素を消去する働きのことです。大人のまわりには、タバコの煙や排気ガス、睡眠不足やストレスなど、活性酸素をうみだす要因がいっぱいです。活性酸素は、肌の免疫力をおとし、『おとなのニキビ』をはじめ、さまさまな肌トラブルをひきおこします。 直接的ではないですが、大人の肌にはとても重要な作用です。
「コラーゲン生成促進」作用は皮膚の真皮を健康に保ち、表皮へ栄養分を充分提供することで、ターンオーバーを活発にする効果があります。正常なターンオーバー機能は、角質層をうすくして、ニキビのできにくい肌をつくります。
また、生成したコラーゲンが肌を内側からふっくらさせることによって、凹んでしまったニキビ跡にも効果があります。

一番有名なビタミンCの効果である「美白作用」は、ニキビ跡の色素沈着に有効です。せっかくなおっても、その後しばらく色素で主張をつづけるので、なんだかニキビ肌の印象がぬけません。ビタミンCのメラニン還元作用で、どんどん排出してしまおう!

ビタミンC誘導体の種類

「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCを安定させるためにくっつける物質によって、大きく水溶性と油溶性にわけられます。

ローションタイプ、エッセンスには、リン酸系の水溶性ビタミンC誘導体がふくまれています。また、油溶性ビタミンC誘導体は、オイル、クリームのタイプがおおいです。

[水溶性ビタミンC誘導体]

リン酸アスコルビルナトリウム

ニキビの抑制、改善、皮脂分泌抑制効果があり、化粧品メーカの「ビタミンC配合化粧水」などによく使用されています。

リン酸アスコルビルマグネシウム

ドクターズコスメのVCローションに使用されることが多い成分です。リン酸アスコルビルナトリウムとリン酸アスコルビルマグネシウムで、効果に大きな違いはないですが、使用感が若干異なります。マグネシウムの方が刺激が少なめです。生成コストはマグネシウムの方が高いため、安価な製品には含まれていません。 

[油溶性ビタミンC誘導体]

テトライソパルミチン酸アスコルビル

肌の皮脂にブロックされてしまう水溶性の「ビタミンC誘導体」と比較して、油溶性のテトライソパルミチン酸アスコルビルは肌への吸収がよく、もっとも効率のよい「ビタミンC誘導体」といわれています。
刺激がなく、つけた後も乾燥しないので、乾燥からくるニキビや敏感肌の方にはこのタイプがオススメです!クリームやオイルタイプのものが多いです。

[進化型ビタミンC誘導体]

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS、アプレシエ)

水溶性ビタミンC誘導体の即効性と油溶性ビタミンC誘導体の浸透性の両方を兼ね備えたまさに「進化した」ビタミンC誘導体。
水溶性ビタミンCのぴりぴり刺激や乾燥の心配もないので、思春期ニキビから大人のニキビまで、はたまた、オイリー肌から超ドライ肌まで、どんな肌のどんなニキビにも効果があることが多いです。

ビタミンC誘導体配合基礎化粧品

「ビタミンC誘導体」配合化粧品の価格帯は広く、5000円〜20000円です。 配合されている「ビタミンC誘導体」の種類や、濃度、その他に配合されている保湿成分の種類や配合方法などによっても値段が左右します。

5%以上のローションだと、どのメーカーのものでも、2〜3週間使うと肌にゴワゴワ感が減ったりなめらかになる、 という効果は感じられるとおもいます。 
成分の配合率や価格、入手方法を検討して、続けられるとおもうものを選んでください

「ビタミンC誘導体」配合ローション

水溶性の「ビタミンC誘導体」を化粧水に配合したローションタイプは、洗顔後、ふつうの化粧水と同じように、バシャバシャつけるだけでよいので、とても手軽にとりいれられるビタミンCケアです。
「ビタミンC誘導体」自体は保湿効果がないので、必要に応じて、「ビタミンC誘導体」を肌におちつかせた後(5分程度)に、保湿化粧水で追加保湿したり、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎ、肌を保護します。 
ローションの成分をチェックしてみると、 保湿成分である「ヒアルロン酸」「スクワラン」などが配合されているものもあります。

「ビタミンC誘導体」エッセンス

「ビタミンC誘導体」原液など、「ビタミンC誘導体」効果のみを目的とした5〜10%程度の「ビタミンC誘導体」成分をふくむもののことをここではいいます。
添加物がふくまれていない100%原液は、イオン導入で、真皮まで浸透させることができます。

油溶性「ビタミンC誘導体」クリーム・オイル・美容液

油溶性の「ビタミンC誘導体」が配合されたオイルやクリームは、皮膚の皮脂膜などの「バリア機能」を通過して、肌への浸透します。

油溶性ビタミンCは、水溶性ビタミンCで感じるような刺激がなく、つけた後も乾燥しないので、乾燥しやすい肌や刺激を感じやすい敏感肌にとくにオススメです。

 

まとめ

市販の化粧品には規制があるため「ビタミンC誘導体」が2%以上配合されているものはありません。さらに、大量消費を目的としている大手化粧品メーカーの化粧品は、「効果がある」とされる有効成分をキャッチコピーでは大々的にうたうわりに、一部の特別な肌に発生するかもしれないトラブルをおそれて、すこ〜ししか配合していません。

「大人のニキビをなおしてしまおう!」という目的なら、「ドクターズコスメ」といわれる皮膚科医などが開発、臨床したVCローションや美容液、オイルなどの使用をおすすめします。

ドクターズコスメの中でも「ビタミンC誘導体」の配合率や「ビタミンC誘導体」以外の成分の配合などにかんしては、仕様がいろいろなので、さきほど説明した「ビタミンC誘導体」の成分を参考に、製品の成分表に目をやりながら、コストパフォーマンスが高いものをえらびましょう。

それから、もうひとつ、ビタミンC誘導体化粧品をえらぶときに、検討したいのがその方法です!

油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性のビタミンC誘導体よりも一般的に価格が高い傾向がありますが、塗っただけで肌のバリア機能をすりぬけて、じっくり真皮まで浸透するので、効果も高いのです。さいきんはリーズナブルで使用感もよいアイテムがでてきているので、スキンケアに時間がかけられない人や乾燥肌、敏感肌の人は、塗るだけ油溶性ビタミンCがオススメです。

一方、水溶性ビタミンCは、表面のコメドや角栓にとても効果的ですが、バリア機能にさえぎられて、肌にぬっただけでは油溶性ビタミンCのように深く浸透することはできません。
でも、イオン導入でその浸透率を30倍〜100倍にすることができます。(ちなみに油溶性のビタミンC誘導体はイオン導入できません)
今は、自宅でもイオン導入ができるお手ごろ価格の導入器もありますから、比較的リーズナブルな水溶性ビタミンC誘導体の美容液やローションを購入して、イオン導入する方法もオススメです。

ぜひ、肌タイプ、ニキビタイプ、ライフスタイルにあったぴったり!くるアイテムをえらんでくださいね!

関連情報
 ビタミンC誘導体を使う順番は?
複数メーカーのビタミンC誘導体化粧品を使うときの正しい順番は?
 油溶性ビタミンC誘導体
「ビタミンC誘導体」の中でも油溶性のものは真皮まで浸透して作用します!乾燥タイプ、敏感肌、めんどくさがりさんにとくにオススメです!
 進化型ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンCの即効性と油溶性の浸透性を同時にもつ進化型ビタミンCは、表皮と真皮と皮膚細胞内の3ヶ所で作用するのに、刺激はゼロ!
nikibi check! じっくりビタミンC
肌の奥深くからじっくり作用させるビタミンCケアは、シミやシワ、たるみなどその他のトラブルにもきいてきます!
 即効ビタミンC
肌の表面から即効できいてくるビタミンCは、1〜2週間で「あれっ?」の目にみえる効果があります!
 ビタミンC誘導体のイオン導入
ビタミンC誘導体は、イオン導入で浸透率がなんと100倍!余裕があればトライしてください!
 ビタミンCサプリメント
ビタミンCは炎症をおこさせる「活性酸素」を除去する抗酸化物質です。体全体の「抗酸化作用」を期待するときは、サプリメントが有効です!
 ニキビ跡の色素沈着をなおしてしまおう!
時間がたてば自然にめだたなくなる色素沈着にもビタミンCはやってくれます!
nikibi check! ビタミンC攻撃で大人のニキビをなおしてしまった体験談
yooさんは、毎晩M-VCローションとCzooの「ビタミンC攻撃」で、なんとたった3週間で大人のニキビをなおしてしまいました!
大人のニキビに関するtoofarのブログ
オトニキブログ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]