『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人ニキビ肌の大敵「紫外線」

紫外線

紫外線は大人のニキビ肌の大敵!
紫外線は皮膚の細胞内に活性酸素の中でもたちのわるい「一重項酸素」を大量に発生させて皮膚に炎症を起こしたり、皮膚のハリを担うコラーゲンなどのタンパク質を傷つけたり、シミの原因となるメラニン色素の生産を促し、肌のさまざまな機能を低下させてしまいます。
その結果としてターンオーバーの周期がみだれ、角質層があつくなり大人のニキビの直接的な原因につながることもあります。
つまり、紫外線は大人のニキビの元凶のさらに「モト」なのです...

でも、そもそも紫外線っていったいなんなんでしょう?
布団やクッションをときどき日光に当てる目的は大きく2つ。
1つ目は、太陽光にふくまれる波長のながい「赤外線」であたためて、余分な水分をとばすことで、ポカポカふわふわカラッと気持ちのいい状態にしてくれるから。
もう1つは、波長のみじかい「紫外線」の殺菌力。紫外線をあたることで発生する活性酸素のつよい殺菌力によって、雑菌を退治してくれるのです!
この紫外線のつよ〜い殺菌力が「アダ」となって、大人のニキビ肌に大打撃をあたえてしまうのです...

では、どうやって紫外線から大人のニキビ肌をまもればいいのでしょう?

紫外線とは?

太陽の光といえば、ポカポカあたたかい光線や日なたをつくる明るい光線のイメージですが、あたたかくもなく明るくもないのが「紫外線」です。目にみえないので、つい油断してしまいそうになりますが、ポカポカ光線よりも肌のふかいところに強力に作用するこわ〜い光線なのです!

そんな紫外線は、波長によってさらにA波・B波・C波に分類することができます。

紫外線A波
UV-A
長波長域紫外線
(近紫外線)
紫外線A波、B波、C波の中でもっとも波長が長く、窓ガラスや分厚い雲も通過してしまいます。
肌にあたると真皮まで到達して作用するので、コラーゲンを破壊してたるませたり、ふかいシワをつくってしまいます。(勝手に)名づけて「老化促進波」
大人のニキビ肌にこの紫外線A波があたると、肌の体力をうばって新陳代謝をおくらせたり、活性酸素を発生させてニキビに刺激をあたえて炎症をおこしたり、モトをつくらせない面炎症をおこさせない面でもダブルで悪影響をあたえてしまします。
ちなみに 白内障との関連がうたがわれるのもこの紫外線A波。
目に活性酸素を発生させて、目の組織を破壊することでレンズがにごって視力が落ちてしまう病気です。
同じことが肌にも起こっているとおもうと...キャーーー!
紫外線B波
UV-B
中波長域紫外線
(中間紫外線)
紫外線B波は、肌の表面を赤くひりひりさせたり、表皮の細胞を死なせてしバリバリ乾燥させて、ときにはバリッと一皮むいてしまう派手なアクションをひきおこします。いたかったり、皮がむけたり、はっきり目にみえるダメージなのですが、たいていは表皮のトラブルどまりなので、皮膚細胞のターンオーバーがうまくいけば、自然に回復できるはずです。
ただしニキビ肌の場合は、乾燥したり表皮がめくれることでバリア機能が低下して炎症がおきやすくなったり、応急処置としてできたかたい角質細胞が皮脂の出口をふさいでニキビのモトをつくったりするので、あまく見てはいけません!
紫外線C波
UV-C
短波長域紫外線
(遠紫外線)
紫外線A波、B波、C波の中でもっとも波長が短くて、キケンな紫外線。
大気圏の「オゾン層」で吸収されてしまうとされていましたが、
フロンガスなどのせいでオゾン層が破壊された近年は、このC波も地上にとどいているみたいです...

紫外線防止策

「紫外線」の影響をできるだけおさえるために、3つの方法があります。

  • 日陰
    紫外線は太陽の光にふくまれるのなら、日陰で肌を紫外線にさらさなければ、悪影響もうけずにすみます。
    別に木陰じゃなくても、つばの広い帽子や日傘などの「即席日陰」で元気に活動できますね!
  • 日焼け止め
    日陰にいても「照り返し」があります。
    アスファルトや水面のようにギラギラしない土の地面だって10%も反射するのです! 日光が「反射」することをかんがえると、朝のスキンケアの段階できっちり日焼け止めをぬっておくと安心です。
    天気のいい日の出連では、白くてキラキラきれいで気分もいいですが、太陽からふりそそぐ紫外線+反射で180%の紫外線をあびているのです!
    敏感になりがちな大人のニキビ肌でもつかえる日焼け止めもあるので、上手にえらびましょう!
  • 紫外線につよい肌作り
    おなじだけの紫外線をあびてもトラブルがおきにくい「紫外線につよい肌」をもつ人がいます。 そんな肌をめざすには、地道な努力が必要なのです!

紫外線につよい肌

残念ながら、大人のニキビ肌は「紫外線によわい肌」の場合がおおいのですが、日々の努力で抵抗力をつけることは可能です!

◆光感作
ふだん何気なくとっている食べ物や飲み物に「紫外線によわくなる」性質をもつ場合があります。(「光感作性」といいます)
たとえば、オレンジやレモンなどのかんきつ類、セロリやパセリなどのハーブなどに「光感作性」があるのですが、これらを食べて紫外線にあたると、紫外線の悪影響をうけやすいのです。
海やプール、外でのスポーツなど、紫外線をたくさんあびる前にはひかえて、帰ってからたべると肌に必要なビタミンがたっぷりとれて一石二鳥!

◆水分補給・保湿
カラカラに乾燥した枯れ木と根から水分を補給している生木とでは、どちらが燃えやすいでしょう?




もちろん、枯れ木ですね!
表皮がしっかり保湿された肌は、そのバリア機能によって真皮が紫外線の影響をうけにくいのです!
化粧水で水分補給しても、エアコンや乾燥した外気でいつのまにか枯れ木状態になりやすい大人のニキビ肌ですが、毎日地道に真皮にはたらく油溶性ビタミンC誘導体進化型ビタミンC誘導体で真皮の基礎体力からアップすることが大切なのです!
紫外線につよい肌は一日にしてならず!
それまでは、朝晩の水分補給と保湿をぬかりなく、すこしでも真皮と表皮をサポートしてあげましょう!
関連情報
 大人のニキビ肌にオススメ日焼け止め
大人のニキビ肌にオススメの日焼け止めの条件はこの4つ!
 活性酸素
紫外線をあびると肌の中で活性酸素が発生してしまいます。これが炎症ニキビの元凶なのです!
 炎症ニキビってなに?
炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
 アクネ菌ってなに?
アクネ菌のことをなんとなくわかっているだけでは、まちがったケアをしてしまいます!
 アクネ菌のホームケア
アクネ菌を自宅でケアするときは「根こそぎやっつけてやろう!」と思わない方がうまくいきます!
 フォトフェイシャルアクネス
病院治療でアクネ菌をやっつけるなら、絶対にコレ!
 フラーレン
医薬としての実績もあるフラーレンは、活性酸素を強力に除去して炎症ニキビができにくい肌にたもちます!
 「即効」ビタミンC
抗酸化物質でもあるビタミンCは活性酸素をやっつけて、炎症をおさえます!
 大人のニキビに効くサプリメント
抗酸化サプリメントで身体全体を活性酸素につよくしよう!
 大人のニキビの根本的な原因
直接的じゃないからと、あまり焦点をあてませんでしたが、活性酸素との深い関係は否定できません!
 ニキビ跡の色素沈着をなおしてしまおう!
アクネ菌ケアに失敗すると色素沈着しやすくなります。でも大丈夫!ちゃんとケアすれば早くなおります!
 ニキビ跡凸をなおしてしまおう!
化膿がひどいときは凸になりますが、これもケアすると改善できます!
 ニキビ跡凹をなおしてしまおう!
にっくきアクネ菌のせいで化膿して凹んたニキビあとも、根気よくケアすれば、目立たなくなります!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]