『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人のニキビをなおす生活「睡眠」

睡眠

ニキビケアがどうもうまくいかない時期があります。どの化粧品やケアが合ってないのか、どのケアがよかったのかまでわからなくなって、頭がぐちゃぐちゃしてきます。だからといって、何もしないわけにもいかず、まさに「手詰まり」です。

そんなときは、おもいっきり寝てみるのがオススメ!

睡眠が大人のニキビにいい理由は、大きく2つあります!

理由1:ホルモン

寝ている時間は「成長ホルモン」を分泌します。

この成長ホルモンは「脳からの新陳代謝を促す指令を各細胞に伝える」という肌にとって、とても大切な働きがあるのです。
こどもの間は、1日中「成長ホルモン」が分泌されるのですが、おとなになると分泌量はへっていき、睡眠中、しかも午前1〜3時の間のノンレム睡眠(夢をみていない熟睡状態)の時に集中して分泌されていることがわかってきました。 
この「ノンレム睡眠」になるまでに、浅い眠りのレム睡眠を2〜3時間経ることがひつようなので「10時までに就寝したほうがいい」といわれるゆえんです。 
この時間帯は、「成長ホルモン」以外にも、肌の新陳代謝にかかわるホルモン「泌乳刺激ホルモン」「甲状腺刺激ホルモン」「黄体形成ホルモン」「メラトニン」などが分泌されます。



理由2:血流

昼間おきているときは、血液は、よくつかう脳・筋肉・消化器等に比較的多く循環しています。ごはんをたべたあと、ねむたくなるのは、たべものを消化するために胃や腸に血液があつまり、脳が酸欠になるからです。また、仕事や勉強を一生懸命しているときは、脳に血流が集中するため、胃腸のはたらきがよわまって、消化がわるくなることがあります。
このように、昼間は、骨や皮膚にまわる血液は多くないのですが、その分、夜間に多く循環するようにできています。そして、ぐっすりねむって、皮膚に血液が流れることによって充分な酸素や栄養分が皮膚にいきわたり、新陳代謝がうながされ、健康な肌になるのです。

おとニキ式 いい睡眠

詳しいメカニズムは分からなくても、おやすみの日にたっぷり睡眠をとると、肌がぷりっとハリがでて調子がいい、という経験はどなたにもあるとおもいます。
反対にオールしてしまった翌日の肌はごわごわ、ぼろぼろで1晩で2〜3歳ふけた顔にみえる、という経験はありますよね!

充分な睡眠をとって、朝めざめると、炎症がおさまっていたり、でてきそうだったニキビの赤ちゃんが消えていたり、ただたくさん寝るだけで、効果があるなんて、まさに、このサイトのポリシー「効果がありそうで楽なことはやってみる」にぴったりの『おとなのニキビ』撃退法です。

関連情報
 便秘
大人になると、なぜか「便秘」になりますよね...
 喫煙
タバコは血行をわるくして、ビタミンCを消費します。やめれるもんならやめてもいいんじゃない?
 食生活
充実した食生活は、ニキビのできにくい肌つくりにみちびきます!ただし、ムリは禁物ですよ!
 サプリメント
食事からとりにくいイソフラボンやアミノ酸、コエンザイムQ10などの成分は、サプリメントで手軽にとればいいのです!
 炎症ニキビってなに?
炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
 活性酸素ってなに?
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」では、活性酸素が炎症ニキビの直接的原因とかんがえているのです!
 進化型ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンCの即効性と油溶性の浸透性を同時にもつ進化型ビタミンCは、表皮と真皮と皮膚細胞内の3ヶ所で作用するのに、刺激はゼロ!
 アクネ菌ってなに?
アクネ菌のことをなんとなくわかっているだけでは、まちがったケアをしてしまいます!
 「即効」ビタミンC
抗酸化物質でもあるビタミンCは活性酸素をやっつけて、炎症をおさえます!
 大人のニキビに効くサプリメント
抗酸化サプリメントで身体全体を活性酸素につよくしよう!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]