『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人のニキビの中でもやっかいな「炎症ニキビ」

炎症ニキビ

「炎症」は、辞書では次のように説明されています。

「外傷・やけど、細菌の侵入、薬物・放射線の作用など
有害刺激に対して生体に起こる防御的反応」


つまり、炎症の直接的な原因は「有害刺激」だということです。


ちょっとわかりにくいので、例をあげると...

日焼けして肌があかくなったとき、炎症の「有害刺激」は紫外線、
かぜをひいてのどがはれたとき、炎症の「有害刺激」はウィルス。

では、「炎症ニキビ」の有害刺激はいったいなんでしょう???



アクネ菌?


一般的に、炎症ニキビはアクネ菌がひきおこすといわれますが
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」では、それほど「アクネ菌」自体を悪者視していません

ニキビの「モト」である脂肪が大好物のアクネ菌は、毛穴にたまった脂肪のかたまり(コメド)をみつけると、それを栄養にして、繁殖をはじめます。

このアクネ菌が増殖する過程で発生する「活性酸素」は、とても強力な殺菌作用をもっているため、必要以上にふえると、わたしたちの体の細胞まで傷つけてしまいます。


つまり、おとなのニキビをなおしてしまおう!では

と考えているのです!

「炎症ニキビ」の肌への影響

活性酸素が皮膚細胞を傷つけると「免疫機能」がはたらきます。
わたしたちの体内にある白血球などの「免疫細胞」が、「有害刺激」とたたかってくれるのです!

やがて、活性酸素とのはげしい戦闘で力尽きた免疫細胞の死骸は、「膿み」として出口のない毛穴にどんどんたまっていきます。

これが赤く炎症をおこしたあとにおこる「化膿ニキビ」です。

もともと針の先ほどの毛穴に、脂肪のかたまりやアクネ菌、活性酸素、傷ついたり死んでしまった皮膚細胞、そして膿みがギュウギュウにおしこめられている状態...

想像するだけで、肌の危機的状況が目にうかびますね?


このように、まわりの細胞を破壊しながら悪化する炎症ニキビですが、
炎症を早めに抑えることができれば、大きな問題はおきません。


肌の表面の炎症ニキビは、角質層を破壊してしまうこともありますが、角質層は、たとえば「のびた爪」のようなものです。(ちょっと違うかもしれませんが、気にしないでください!)
もしも必要以上に爪を切りすぎてしまっても、時間がたてばちゃんとちょうどいい長さにもどります。

同じように、角質細胞が炎症によってこわされて、バリア機能がはたらかなくなったとしても、
2週間かけて新しい角質細胞といれかわればカンタンにもとの肌にもどることができるのです!



一方、炎症ニキビが「肌の奥の層」に影響がおよぶと、元の状態にもどれるかどうかは微妙になります。
また、爪にたとえれば、つい深爪してしまったり、事故ではがれてしまったりしたときのイメージです。ここまでくると、しばらく痛みもあるし、爪も元通りになおってくれるのか微妙ですね。


「肌の奥の層」はメラニンをコントロールする細胞やあたらしい皮膚細胞をつくりだす機能をもっています。

この層がダメージをうけると、炎症がおさまったあともしばらく新しい皮膚細胞をつくりだすことができません。

それで、炎症で傷ついたり欠落した細胞を補完することができずに凹んでしまったり、いつまでたっても色素沈着が改善しなかったりしてしまいます。


こうして、炎症がおさまった後、「ニキビ跡」がのこってしまうのです...。

病院の「炎症ニキビ」ケア

ニキビの治療のために病院にいくと、必ずといっていいほど処方されるのが「抗生物質」です
さらには、がががっと炎症をおさえようとしてステロイド(副腎皮質ホルモン)まで処方してしまう病院もあるようなので、「炎症」がものすごくよくないことなのは想像できます。

ちなみにわたしは、抗生物質が全く効かない体質のため、あまりいいことはいいませんが、個人の責任で参考にしてくださいね。
ニキビの治療につかわれる「抗生物質」は、なんだか、まどろっこしい手順で炎症ニキビに効くことになっています。

活性酸素を発生させる「アクネ菌」などの菌を殺菌すると、有害刺激を減らすことになり、その結果、炎症もおさまる....

そんな抗生物質をつかった炎症ニキビケアには、いくつかの「まどろっこしい」ゆえのデメリットと身体的なデメリットがあります。

・アクネ菌を殺菌しても、大好物の皮脂は放置したまま
・直接的な原因である活性酸素は、アクネ菌以外の理由でも発生する
・飲み薬の場合、体に負担がかかる
・皮膚のアクネ菌を殺すかどうかわからない
・長い間つづけると、ちょっとやそっとでは死なない菌がうまれる


※抗生物質については、わたし個人の意見なので、
 信頼する医師から納得した上で処方をうけることは悪いとは思いません。
 でも「信頼する医師」と「納得」は必須ですよ!

炎症ニキビアイテムをえらぶときのキーワード

そこで、「おとなのニキビをなおしてしまおう!」では、デメリットなしのホームケアを推奨しています!炎症ニキビケアアイテムを選ぶときのキーワードはこの2つです。

 
関連情報
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
 炎症ニキビケア
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」流炎症ニキビケアのポイントは2つ!
 活性酸素ってなに?
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」では、活性酸素が炎症ニキビの直接的原因とかんがえているのです!
 アクネ菌ってなに?
アクネ菌のことをなんとなくわかっているだけでは、まちがったケアをしてしまいます!
 アクネ菌のホームケア
アクネ菌を自宅でケアするときは「根こそぎやっつけてやろう!」と思わない方がうまくいきます!
 フォトフェイシャルアクネス
病院治療でアクネ菌をやっつけるなら、絶対にコレ!
 「即効」ビタミンC
抗酸化物質でもあるビタミンCは活性酸素をやっつけて、炎症をおさえます!
 大人のニキビに効くサプリメント
抗酸化サプリメントで身体全体を活性酸素につよくしよう!
 大人のニキビの根本的な原因
直接的じゃないからと、あまり焦点をあてませんでしたが、活性酸素との深い関係は否定できません!
 ニキビ跡の色素沈着をなおしてしまおう!
アクネ菌ケアに失敗すると色素沈着しやすくなります。でも大丈夫!ちゃんとケアすれば早くなおります!
 ニキビ跡凸をなおしてしまおう!
化膿がひどいときは凸になりますが、これもケアすると改善できます!
 ニキビ跡凹をなおしてしまおう!
にっくきアクネ菌のせいで化膿して凹んたニキビあとも、根気よくケアすれば、目立たなくなります!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]