『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人のニキビのモトをつくらない!「ハトムギ」

ハトムギ

「ハトムギ」は、イネ科の「麦」の一種ですが、ふつうの「麦」とのちがいは、その栄養価のたかさです。

ハトムギには、良質のアミノ酸で形成されているタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄、ビタミンB群、脂質、糖質などがバランスよくふくまれていて、身体の新陳代謝を活発にします。

そして、じつは、ハトムギの実から硬い外皮をとったハトムギの粉は、「ヨクイニン」という名前の漢方薬でもあります。
ヨクイニンは、漢方薬を上・中・下の三ランクに分けて記載している「神農本草経」という漢方薬の原典で、「いくら摂取しても害がなく、健康を増進するすぐれた保健食品」であるとされる「上薬」に指定されています


ハトムギの実は、炒って煎じてハトムギ茶としてのんだり、おかゆやスープにしてたべたり、粉になったものを小麦粉のようにお菓子や料理につかったり、漢方薬としてのんだり、多様な摂取方法があります。

ハトムギの効果

漢方でもあるハトムギは、西洋医療の「くすり」のように、ひとつの分野だけで効果を発揮するのではないので、効くといわれる病気はニキビをはじめとする皮膚疾患だけではなく、リューマチなどの神経痛やがんにも効果があるほどです。
これは、ハトムギが「からだにたまった余分な水分を老廃物とともに排出する」効果が根底にあります。

中国の漢方医療では、からだの中で水の流れがとどこおることによっておこる「水毒」による病気や、それに付随して発生する筋骨の病気の治療薬にハトムギをよく用います。

日本でも、むかしから「いぼとり」の薬とされてきたハトムギは、ほかにもニキビやアトピー、シミ、ソバカス、鮫肌など、皮膚のトラブルを改善するさまざまな効果がありますが、そのキーワードは、漢方医療と共通していて、水分の流れをよくすることによる「新陳代謝アップ」です。

代謝がよくなることによって、熱や余分な水分を排出したり、排膿、解毒作用、皮膚の浄化といった効果につながります。
大人のニキビにかんしては、こんな効果があります。
  • 解毒作用
  • 角質層の保湿作用
  • 化膿・炎症をおさえる
大人の肌は、ターンオーバーがみだれやすく、そのため、角質層があつくなって毛穴をつまらせたり、角質層の保湿機能が低下して、乾燥してかたくって、毛穴をつまらせることが大きな直接的な原因となっています。
イボをとってしまうほど表皮の状態をととのえる効果がたかいハトムギは、トラブルをおこしやすい大人の表皮をなめらかにたもつ効果があります。

また、水分とともに有害物質や老廃物、不要なホルモンなどを身体の外に排出するだけでなく、免疫機能にも関係のある成分をふくんでいると考えられているため、化膿を改善し、炎症をおさえる効果もあります。

このことから、「おとなのニキビをなおす」ときのポイント1「ニキビのモトをなくす」ポイント2「炎症をおこさせない」の2つともクリアしていることになります。

ハトムギの成分

ハトムギは、ビタミンB群やタンパク質、カルシウム、カリウムなど、皮膚の栄養分となる成分をたくさんふくみ、身体の内側から健康な皮膚をつくることを促進します。
さらに、「有機ゲルマニウム」やハトムギ特有の成分「コイクセノライド」が発見されました。

コイクセノライド
「コイクセノライド(コイクセノリド)」は、ハトムギ特有の成分で、新陳代謝をアップさせる機能があることがわかっています。とくに皮膚の角質細胞の代謝を活発にすることで、角質細胞の代謝を活発にします。
この作用から、皮膚の上皮細胞に働いて、肌の凹凸を滑らかにして、ニキビのもとができにくい美肌をつくる効果があります。


ゲルマニウム
「ゲルマニウム」は、にんにくやしいたけ、高麗人参、アロエなどにもふくまれますが、難病をなおす奇跡の水といわれるフランスの「ルルドの泉」にも、この「ゲルマニウム」が大量にふくまれていることがわかりました。
具体的には、以下のような作用があります。

  • リンパ球やマクロファージなどを活性化させ、免疫力をアップする
  • 細胞に酸素をはこび新陳代謝をうながす
  • 水素イオンを除去して、酸性からアルカリ体質にする
これらの作用により、ニキビのもとに炎症をおこさせない、または、炎症をおさえる効果があります。

オススメ「ハトムギ」

ハトムギは「麦」なので、ご飯をたくときにお米にまぜてたべたり、じっくり煮込んでおかゆやスープもできます。

やっぱり手軽なのは、お茶として飲むハトムギ茶です。こい〜く煎じたときは、すこし、漢方っぽい味がしますが、規定時間で煮出すと、味はただのおいしいお茶です。

わたしが感じていることですが、ハトムギのもつ「利尿作用」は緑茶やスイカ、ビールなど「利尿作用」とは性質がちがいます。ただ利尿させる効果があるだけでは、トイレにしょっちゅういかなければならなくなりがちで、気をつけないと、逆に水分不足になったり、冷え症が悪化してしまいます。ハトムギの利尿作用は、膀胱や腎臓の機能をアップさせることで、頻尿にならずに、出すときにはしっかり出すという感じです。お茶ではなく、ハトムギ粉末のときも同様の効果があります。

ハトムギには角質層の保湿力をアップして、大人のニキビの原因になる「いらない角質」ケアをする効果があります。また、身体の中の水の流れをよくすることで、ニキビに炎症をおこさせる有害な物質や男性ホルモンなどを体外に排出してくれます。


この効果を得るため、ハトムギ茶をがぶ飲みするのもわるくないですが、お茶をもちあるけない状態がながくつづくと、たくさん摂取するのがむずかしくなります。
そんなとき、粉状態の漢方薬(ヨクイニン)や、ハトムギの成分をぎゅっと濃縮したタイプのお茶やサプリメントをえらぶとよいとおもいます

オススメ!ハトムギ茶
ハトムギは「ヨクイニン」という立派な漢方薬で、皮膚の表皮をなめらかにする効果があります。その成分を3倍ふくんだハトムギ茶は、一日中がぶ飲みしなくても効果をかんじられます。

nikibi check!  高千穂漢方研究所 発芽はとむぎ茶【国産原料100%】(6g×88袋)

発芽ハトムギには、ハトムギの有効成分が3〜4倍ふくまれているので、効率的に大人のニキビによい成分をとるのに最適です。
とくに「高千穂漢方研究所」の発芽はとむぎ茶は、国産のハトムギを3日かけて発芽させ、独自の弱熱焙煎で長時間かけてしあげているため、味も濃厚で、粉がたまった最後のほうはちょっとコーヒーのような風味がします。のみにくければ、ハチミツなどで甘みをくわえてもおいしいです。
でも、毎日飲むものなので、なにより、高千穂漢方研究所の「安全で、効果のたかいものをつくろう」とする姿勢に信頼をよせています。

オススメ!ハトムギ粉
かたい殻をとって粉にしたものが「ヨクイニン」という漢方薬ですが、ハトムギ粉はよくある漢方のようにまずくないので、もっと気軽にとってしまおう!
粉末だと、有効成分も栄養も繊維もまるごととれるので、1週間ぐらいで効果がみえてきました。

nikibi check!  有機浄身粉(150g)

「浄身粉」は、遠赤外線焙煎したハトムギを殻ごと粉末にしたものです。生ではないので、きなこといっしょにミルクにとかしたり、手軽にしかもおいしくとれます。ハトムギ粉は、料理にまぜても効果に差はないのですが、一応漢方なのでなるべく空腹時にとろうと、わたしは食前や食間にのみものといっしょにとります。
「浄身粉」は、胃腸のよわいわたしの体質にぴったりはまったみたいで、あまりの美肌効果にびびりました!

nikibi check!  キッスビー ソフト粉末 ハトムギ 450g

ハトムギ粉が450gたっぷりはいったキッスビーのソフト粉末は、独自の高加熱製法で処理しているので、そのままミルクやジュースにとかして、手軽にハトムギがとれてしまいます!

オススメ!ハトムギ粒
お茶を煮出したりする労力ゼロで持ち運べる錠剤サプリメントは、外出先でもパパッとのめちゃいます!

nikibi check!  ハトムギ粒100%(600粒)

「ハトムギ粒」は手軽さで人気です

関連情報
nikibi check! 大人のニキビに処方される漢方薬
体質や体調に合えば1週間で効果がでます。頼りすぎず効けばラッキーぐらいの気持ちで!
 炎症ニキビってなに?
ハトムギでおさえられる「炎症ニキビ」の基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケアのキーワード1
直接的に炎症をおさえる炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
 大人のニキビの根本的な原因
直接的じゃないからと、あまり焦点をあてませんでしたが、活性酸素との深い関係は否定できません!
 ハトムギで大人のニキビをなおしてしまった体験談

ピーリング石鹸とビタミンCローションパックにプラスして、毎日ハトムギ茶をとにかく1.5リットル飲んでいたそうです!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]