『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人のニキビFAQ > 洗顔後、美容液だけではダメですか?

Q.洗顔後、美容液だけではダメですか?

ビタミンCの美容液買おうか迷っていたんですが、ビタミンCはローションからがよいのですか?
化粧水と美容液は分けたほうがいいのですか?
お風呂あがってすぐ美容液つかったらまずいでしょうか??
またその最後には保湿のものはいるでしょうか。

A. 美容液と化粧水はベツモノとしてかんがえよう!

よわった植物に、水をやらず、肥やしばかりやっても、元気になりそうにないでしょ?
(ちょっとちがうかもしれませんが、イメージですよ、イメージ!)

健康な肌なら、もともと表皮の皮膚細胞のひとつひとつが水分をたっぷりもっているので、「洗顔後、すぐに美容液」ですむ場合があります。

でも、ニキビができてしまう肌の場合は、ほとんどの場合、肌が水分不足の状態です。
Tゾーンの表面がオイリーで、テカテカ、ギトギトしていたとしても、この「ギトギト」は、肌の水分不足からくることが多いので、乾燥していないことの証明にはなりません。

美容液の中には、肌の水分量をふやすはたらきがある成分をふくむものもありますが、
化粧水の「外側からたっぷり水分を補給する機能」とくらべると、全然およばないので、
化粧水と化粧水は、ベツモノとして考えたほうがいいです。

ということで、ニキビ肌の場合、
洗顔後は、まず、ローションや化粧水などで肌に水分を外側からおぎなうことが第一歩
だと思います。

「洗顔後、化粧水」または「洗顔後、化粧水のあと、美容液」がオススメです。

ローションでたっぷり水分補給をした上で、まだカサカサ乾燥する場合は、油溶性ビタミンC誘導体の美容液などで、水分をにがさないように、ぴったりフタをするとよいとおもいます。
また、トラブルのおきやすい状態から肌体力を回復させたいとき、肌からトラブルのモトをとりのぞきたいときなど、さらに上級の肌をもとめるときも「美容液」の出番ですよ!

自分の肌にたりないものを、美容液で上手におぎなってくださいね。

関連ページ
 油溶性ビタミンC誘導体
「ビタミンC誘導体」の中でも油溶性のものは真皮まで浸透して作用します!乾燥タイプ、敏感肌、めんどくさがりさんにとくにオススメです!
 ビタミンC誘導体って?
市販のビタミンC入り化粧水ではなく、ビタミンC誘導体が高濃度ふくまれるローションかエッセンスがオススメ!
 即効ビタミンC
ビタミンCケアは、「即効ビタミンC」です!
 じっくりビタミンC
肌の奥深くからじっくり作用させるビタミンCケアは、シミやシワ、たるみなどその他のトラブルにもきいてきます!
 乾燥肌タイプニキビをなおしてしまいました
乾燥肌タイプのyooさんは、「うるおいすぎる」M-VCローションご愛用でした!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]