『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > 大人のニキビFAQ > ニキビにピーリングは必要?

Q. ニキビにピーリングは必要?

私のニキビは、いわゆる「白にきび」というもので、赤く化膿したり痒みのあるものではなく、こまかく白っぽい吹き出物が肌表面をびっしりとりかこんでいるものです。
先日、敏感肌用で有名な某メーカーの売り場に行ったら、そこのBAさんに「あなたの肌質(ニキビ)は、ピーリングしたほうがいいです」と言われました。でも、角質や脂って、肌には大事なものなのに、角質を奪うことにかなり抵抗があるのです。でも、ニキビは治したい…。
ピーリングって、本当に肌にとって必要なものなのでしょうか?

A. 大人の肌にはいらない角質もありますよ!

わたしもUゾーンにびっしりのコメド(白ニキビ)になやまされていました。

コメドがびっしりある時点で、必要な角質の量の何倍もの角質が皮膚の上にこびりついている状態だと想像できます。

ピーリングは、皮脂をとる、というよりも、いらない角質をとる方法です。余分なものをとったあとは、逆にしっとり、肌の調子がよくなります。
使用する酸にアレルギーがなければ、とくに怖いものではないとおもうのですが...

病院でのピーリングは、最初は弱い酸からはじまるので、時間とお金はかなりかかりましたが、わたしのニキビにはそれなりに効果がありました。

今は、毎日の洗顔で角質ケアできる石鹸をつかって、自宅で角質ケアしています。

こっちは、毎日の洗顔ですこしづつ角質をとるので、さらにトラブルをおこす人はすくないみたいです。

ということで、わたしはピーリング否定派じゃないですけど、病院などでピーリングをうけられるときは、充分納得してからの方がいいとおもいます。

もし、どうしてもピーリングがこわいのなら、肌のターンオーバーを正常にもどすための生活やケアがいいとおもいますよ。

ほんとうなら、表皮のターンオーバーにあわせて、余分な角質は「垢」としてはがれているはずなので、ここに注目して、アイテムをえらびます。
たとえば、油溶性ビタミンCの美容液イオン導入など、ターンオーバーの開始地点である肌の奥に作用することがポイントです!

オススメ!
油溶性ビタミンC

nikibi check! ドクターズコスメ セラのC2エッセンス

セラミド・ビタミンCのスペシャルケア:セラ C2エッセンス 油溶性ビタミンCは、乾燥を気にせずビタミンCの効果がえられるだけじゃなく、真皮まで浸透して肌の内側からも作用するので、すばやく、かつ絶大な効果があるのです!
セラの油溶性ビタミンC誘導体美容液は12%の油脂溶性ビタミンCが肌の内側からニキビを改善する一方、5%配合されたセラミドが敏感肌にかたむきやすい大人の肌を外側からもまもります!
関連ページ
nikibi check! グリコール酸
大人のニキビの救世主的存在、グリコール酸について知っておいてもいいんじゃないかい?
nikibi check! ピーリングソープ
ピーリングソープは毎日の洗顔でいらない角質をすこしづつ除去してくれるのです!
nikibi check! グリコール酸のケミカルピーリング
病院でニキビ治療のためにピーリングをするとき、まずグリコール酸です!
nikibi check! 乳酸のケミカルピーリング
グリコール酸にアレルギーがあるときなどは、乳酸でピーリングします。色素沈着改善には「乳酸ピーリング」の方が効果的!
nikibi check! サリチル酸のケミカルピーリング
しつこいコメドにはサリチル酸のピーリングが効くといわれています。
nikibi check! プラセンタのイオン導入
プラセンタは活性酸素を除去したりメラニン生成をおさえたり、大人の肌に万能です!
nikibi check! ビタミンC誘導体のイオン導入
ビタミンC誘導体は、イオン導入で浸透率100倍!余裕があればトライしてください!
nikibi check! 即効ビタミンC
ビタミンCケアは、「即効ビタミンC」です!
nikibi check! じっくりビタミンC
肌の奥深くからじっくり作用させるビタミンCケアは、シミやシワ、たるみなどその他のトラブルにもきいてきます!
 油溶性ビタミンC誘導体
「ビタミンC誘導体」の中でも油溶性のものは真皮まで浸透して作用します!乾燥タイプ、敏感肌、めんどくさがりさんにとくにオススメです!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]