『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう![HOME] > おたすけコスメ > コンシーラー

コンシーラー -concealer-

ニキビをかくそうと、ファンデーションがつい厚くなりますが、べったりぬったファンデーションは、肌に負担がかかるだけじゃなく、なぜかとても「老けさせて」くれるので要注意!!!

どうしてもかくしたい部分だけ、上手にコンシーラーをつかって、ファンデーションはなるべくうすくてすむように気をつけよう!

大人の肌の救世主「コンシーラー」は、クマやくすみをかくすもの、しみをかくすもの、毛穴をかくすもの、ニキビ跡をかくすものなど、目的によっていろんなタイプがあります。

「コンシーラーならなんでもいいでしょ?」と、てきとうにえらんでいると、ニキビをカバーするつもりが、なんと逆効果になってしまうこともあります。

たとえば、しみ、クマをかくすものはハイライト効果があるので、『おとなのニキビ』の赤みはカバーできない上、赤みのない皮膚を白くうきあがらせ、かえって赤みをめだたせてしまうのです。(全くの逆効果!)

毛穴を隠すタイプは、毛穴をうめてしまうものが多く、これは、『おとなのニキビ』をかくすために『おとなのニキビ』を悪化させるという本末転倒の結果になるおそれがあります。

『おとなのニキビ』には、ニキビ跡用や赤みをカバーするコンシーラーをえらびましょう。ふつうの肌の色よりもワンランク暗い色、さらに黄色みがあるコンシーラーがベストです。

  オルビス アクネスポッツコンシーラー
さらっとしているので、ちょっと不安でしたが、意外にも茶色いニキビ跡を自然にカバーすることができました!光拡散効果で凸凹をめだたなくしてくれたり、紫外線防止効果もあるのですが、もちろん、ニキビも悪化させないので、安心です。
  ダーマメディコ UVプロテクトコンシーラープラスC SPF50 PA+++
ドクターズコスメのダーマメディコがつくったコンシーラは、SPF50/PA+++のUV機能、油溶性ビタミンC誘導体配合。
ニキビの赤みをかくしながら、大人のニキビの天敵「紫外線」から肌をまもり、ビタミンCでケアまでしてくれる1人3役のよくばりコスメです!
関連情報
 ファンデーション
大人のニキビがあったってメイクしないといけない人は上手にファンデをえらぼう!
 日焼け止め(UV対策)
大人のニキビ肌の天敵「紫外線」対策は必須です!肌がつかれているときは、ニキビ肌にもやさしい日焼け止めをえらぼう!
 クレンジング
ウォータープルーフの日焼け止めはクレンジングでしっかり落としたい。大人のニキビ肌にも安心してつかえるクレンジングの条件は4つです!
 男性にも使いやすい化粧品
大人のニキビができてしまう男性の肌は、もれなく水分不足です!香りやべたつきのないアイテムなら男性でも大丈夫!
 ためせる化粧品
わがままな大人のニキビ肌にうれしいためせる化粧品でまず肌のご機嫌をうかがおう!
 大人のニキビ跡「色素沈着」
ニキビ跡はメイクで「隠す」と同時に、「消す」努力もしてみよう!
 敏感肌用化粧品
大人のニキビ肌は、時期によって「敏感肌」になってしまいます。
メイクの深い意義をしる本
 リハビリメイク 生きるための技

cover おとなのニキビやニキビ跡が気になって誰にもあいたくない、外にもでたくない、という人は、ぜひ一度 リハビリメイク 生きるための技 をよんでください。
ニキビにメイクを推奨するわけではありませんが、メイクでこんなに心がすくわれることがあると知っているだけで、こころの逃げ道になります。

この本では、やけどやキズ、あざなどでつらい思いをする人や、自分を醜いと思ってしまう「醜形恐怖」の人のこと、リハビリメイクの意義を軸にしていますが、メイクの効果を唾液中の「コルチゾール」という物質を計測することで数値で検証したり、リハビリマッサージ(おなじみの血流マッサージと同じです)の効果を「3次元形状測定器」なるもので数値化し、コンピュータにとりこんで、画像であらわしたり、こころに対する効果だけでなく、実際の肌の引締め効果などを実証したふかい内容になっています。

年配の方にたいするメイクレッスンの先生、というイメージがつよかったかづきれいこ先生のリハビリメイクにかけるあつい思いがつたわってきて、すごく感動しました!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]