『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう![HOME] > おたすけコスメ > クレンジング

クレンジング -cleansing-

美容液や化粧水、クリームなどと比較すると、クレンジングに関しては「メイクが落ちればいい」「美容液やクリームにお金をまわしたいし...」といった感じで、軽視する傾向があるみたいです。

ひとつひとつのアイテムえらびにこだわるおとニキでは、もちろん、軽視するスキンケアなんてありません!クレンジングについては、大人のニキビケアの重要な位置にあると認識しています。うまくつかえばニキビ肌を改善するアイテムにもなりえるとおもいます!

クレンジングとは

そもそも「クレンジング」とはいったいなんでしょう?

言葉の意味だけで考えると、よごれをおとすものはすべて「クレンジング」なのですが、
おとニキでは「メイクなどの油汚れをおとすことができる洗浄剤」のことをクレンジングと定義します。

このクレンジングについての情報は、ほんとうに多岐亡羊。

「オイルをつかうとニキビができる」「メイクをしない日もクレンジングした方がいい」「ジェルタイプは乾燥する」「ふきとりタイプがいいらしい」「ミルクタイプは肌にやさしい」「石鹸だけでもメイクはおちる」「ふきとるときに摩擦で肌がいたむ」「やっぱりオイルはよくおちる」「男性でもクレンジングは必要」「乾燥肌ならクリームタイプをつかわなければいけない」...などなど

それぞれが矛盾する情報だらけで、いったいなにを信じたらいいのかわからなくなってしまいます。すべての情報を考慮して、クレンジングをえらぼうとするとわたしでも混乱します。

でも「いったいどうしてこんなにいろんな方向をむいた情報があふれているのか」を考えてみると説明がつきます。つまり、

出回っているクレンジングの質が「ピンキリ」なのです!
刺激がつよいミルクもあるし、メイクが全然おちないオイル、乾燥するクリームもあります。
実は、これらは全部、「質」がわるいクレンジングたち。
このレベルのアイテムを相手に話をすると、論理派toofarでも、さすがに支離滅裂なクレンジング論になってしまいます。

ということで、おとニキでは「質のよい」クレンジングを基準として、筋の通った「おとニキ式クレンジング論」を展開します!

クレンジングとニキビの関係

一般的に、クレンジングには、大人のニキビにとっていい面と心配な面があるととられているようです。
おとニキサポーターがクレンジングに対してもっている不安は、たいていこの2つです。

  • 肌にのこったクレンジングの油分がニキビの原因にならないか
  • 水と油分をなじませる界面活性剤がニキビに刺激をあたえないか

クレンジング後に「べったり感」が肌にのこるクレンジングをわたしも体験したことがあります。
たしかに、この手のクレンジングをつかったときには、あきらかにクレンジングの油分が肌にのこっている感じがします。
そしてそれが毛穴にはいりこんだまま酸化したりすると、皮脂の出口をふさぐことになってニキビのモトをつくることがあるかもしれません。

また、油分を洗い流すのにどうしても必要な「界面活性剤」は、肌にとって刺激になることがあるのは事実です。

じゃあ、大人のニキビ肌の場合、クレンジングをつかえない?
ということは、メイクもできないの???
ガ〜ン!

もちろん、「ムリしない」ことがポリシーのおとニキでは、そんなムリなことを強要しません。
わたしは、この2つの心配は「質の悪い」クレンジングについての問題だととらえています。
つまり、大人のニキビ肌にもつかえるクレンジングをえらべば、クレンジングに対する不安は解消できるのです!!!

クレンジングをえらぶポイント

大人のニキビ肌に負担をかけないクレンジングをえらぶときのチェックポイントは4つです!

◆1.摩擦がおきない
クレンジングとメイクをなじませている間、クレンジング剤をとりさる時など、ニキビ肌に摩擦がおきないものをえらびましょう!

たとえば、肌になじませるのに強い力が必要な重いテクスチャーのクレンジングジェルやクリームは、ニキビ肌に刺激をあたえて、炎症ニキビを悪化させたり、化膿ニキビをつぶして真皮にダメージをあたえるリスクがあります。
また、ふきとりタイプのクレンジングクリームなどは、ふきとるときにどうしても摩擦がおきて、刺激をあたえてしまうので、洗い流せるタイプのクレンジングの方がニキビ肌にはあっているとおもいます。

◆2.メイクがおちるもの
あたりまえですが、クレンジングはメイクをおとせなければ不合格です。
クレンジングでおとしきれなかったファンデーションなどが肌にのこっていると、せっかく浸透性のよいビタミンCのローションや美容液をつかっても、本来のパワーを発揮できません。

また、メイクがおちにくいクレンジングをつかって「ちゃんとメイクをおとそう!」とがんばると、いつまでも肌をぐりぐりマッサージを続けることになって、これまた炎症ニキビに刺激をあたえてしまうことになります。

ファンデーションやアイメイクをする女性の場合は、メイクがきっちりおちる洗浄力があるクレンジングをえらぶ必要があるとおもいます。

◆3.クレンジング剤が肌にのこらないもの
そもそも、「クレンジングが肌に悪い」という情報は、クレンジング剤が肌にのこった場合が前提なのかな?とおもいました。たしかに、クレンジング後にクレンジング剤がのこると、その状態は肌にわるいとおもいます。
ティッシュなどでふきとるタイプのクレンジングクリームや乳化させてあらいながしてもベトベト感がのこるクレンジングオイルなどは、酸化して毛穴をつまらせることもあるので、大人のニキビ肌にはリスクが高いかもしれません。

◆4.肌をあらさないもの
水やぬるま湯で洗い流すタイプのクレンジングには、かならず「界面活性剤」が必要になります。

厳密には石鹸だって油分をおとすので「界面活性剤」です。
食器洗い洗剤や洗濯石鹸にふくまれるようなものもふくめると、現在100種類以上の界面活性剤が存在します。
「界面活性剤がはいっているアイテムはさけなければいけない」といってそのすべてをスキンケアから排除するより、その中で肌に無害なもの、害がすくないものをえらんで配合しているクレンジングならよし、とわたしはかんがえています。

たとえば、「ささっとなじませて、ばしゃっと洗い流せる」スピーディーをウリにしたクレンジングは、それを実現するには強力で大量の「界面活性剤」が必要なので、肌をあらすものがすごく多いようにおもいます。
つまり、メイクがあっという間におちるとき、表皮の水分をたもつのに必要な皮脂までとってしまうので、肌のうるおいもぜ〜んぶ取り去っているのです。

なにをかくそう、くたくたで帰宅したときになるべくはやくメイクオフして一服したい気持ちから、わたしもなじませてささっとおちる「スピーディ」なクレンジングオイルをつかっていた時期がありました。
すばやくすっきりおちる分、メイクオフ後はどうしても角質層のうるおいをうばってかた〜い肌になってしまいます。「でも、このカピカピの状態だからこそ、後のビタミンCがよ〜く浸透するにちがいない」と大して気にかけていませんでしたが、これは大間違いでした!
メイクオフの段階で、肌をあらしてしまうと、美容液やローションは、まず、このあれた肌の修復に力をそそがなければなりません。
そして、その余力でニキビ肌を改善するためにはたらくのです。
...ちょっともったいない、ですよね?

クレンジングオイル

「ニキビにNG」といううわさもあるクレンジングオイル。
その時のメイクや肌の状態によってつかいわけるために、私の手持ちクレンジングは1種類じゃなくて常に2〜3種類。でも一番つかうのがオイル!
オイルは添加物がすくないので刺激はすくない、メイクなじみ、メイクを落とすパワーが優秀なのです。
なのに「どうしてオイルだけ悪者になるのかなぁ?」とおもって調べてみると、クレンジングジェルやミルクとくらべて、肌にクレンジング剤が残りやすいものもあるから、と誰かが言ったことが根拠みたいです。

「クレンジングオイル」とひとことでいっても、つかわれる「オイル」によって、ゼンゼンちがう感触や使い心地、使い方になるので、ひとまとめにするのもはばかられるぐらい。
大きく、ミネラルオイル、植物性オイルにわけられます。 ミネラルオイルとは、鉱物油のことで、 植物性オイルはオリーブオイルなど、植物由来のオイル。 ニキビにとってどっちがいい?というのは、これまた考えよう。 一般的に安価なクレンジングオイルにはミネラルオイルがベースになっていて、高級ラインのクレンジングオイルはもれなく植物性オイルです。 植物性オイルには、たいていニキビ菌の栄養になってしまうという「オレイン酸」が含まれるのですが、抗酸化作用やら美容効果とかがそれを上回るので、肌に栄養を与えながら落とすには植物性オイルなのですね〜。
美容成分がたっぷりな分、肌に合う、合わないがあるのも事実。
合えばクレンジングでアップできるし、合わなければトラブル・・・。むずかしいなぁ
さて、いいものもわるいものも含まない、というのがミネラルオイルの特徴。
肌や体質との相性を気にしなくていいのが楽ですね〜。安価でシンプルな「クレンジングはシンプル派」に支持されてます。
メリット デメリット
・メイク落ちが一番いい
・マスカラもささっと落ちる
・クレンジング剤が肌に残りやすい

ジェルやミルクなどと比べて「クレンジングが肌に残りやすい」のはたしかにニキビにとってよくないことです。
クレンジングオイルのオイルもクレンジングの成分も、必要以上に肌にのせておきたくないものです・・・。

ということで、洗い流した後、まだべたべたしているもの、ニキビを悪化させる可能性があるので避けましょう!
「ダブル洗顔不要」のクレンジングオイルは、肌にクレンジングがのこらないように工夫されているので、ニキビ肌でも安心なものが多いです!
  TINTAUNITA アロマティッククレンジングオイル
天然植物オイルベース「ティンタウニータアロマティッククレンジングオイル ◆油溶性ビタミンC
◆ネロリ油(精油)
◆ユズ油(精油)
◆内容量200ml
◆価格2100円(税抜)
油溶性ビタミンC誘導体、ネロリ配合、なめらか〜なテクスチャーと洗いあがりのしっとり感、植物オイルベースの高級路線の代表格でしたが、価格改定があってすっかりお手軽価格に。化粧品の「入り」を悪くする「顔冷え問題」にも対応したアロマ配合。ウォータープルーフのマスカラまで一気におとせて、ダブル洗顔不要。
  Grace&Lucere クレンジングオイル
◆フラーレン
◆EGF(上皮細胞再生因子)
◆韓国製
◆内容量200ml
◆価格3500円(税抜)
オリーブオイルベースの韓国製クレンジングオイル。フラーレンとEGFを配合してこの価格なのは韓国コスメならでは。もちろん、ダブル洗顔不要。

クレンジングリキッド

「クレンジングリキッド」の「リキッド」は中学生英語でもならったように「液体」という意味なので、定義がかなりあいまい。
オイルだってミルクだってウォーターだって液体だものね〜

でも、最近やたら「クレンジングリキッド」という商品名が目に付くので、それがオイルなのかウォーターなのかは、マニアックに全成分をチェックするしかないみたいです。
たとえば、オルビスのクレンジングリキッドは、「オイルフリー」なはずなのに、どうみても感触は「オイル」。ふしぎに思って調べてみると、ベースはいわゆる「シリコンオイル」でした!
一般的な植物性のオイルやミネラルオイル(鉱物油)を使用していないから「オイルフリー」の「クレンジングリキッド」とうたっているみたいです。

クレンジングミルク

クレンジングミルクは「肌にやさしいから」という理由で、化粧品売場のBAさんや一部の美容家理論の中で、やたら評価が高いのですが、もちろん、どんなクレンジングミルクも肌にやさしいわけではありません!

クレンジングミルクのやさしさの根拠は、きっと「すでに乳化させているから、肌の油分とりすぎない」ということなのだと思いますが、その分、油分でできたファンデーションなんかのメイクは落ちにくいということになります。

クレンジングでさっとメイクが落ちないと、なが〜い時間をかけてクレンジングをしたり、洗い流して落ちてなかったといってもう一回クレンジングを繰り返したりしていると、まったくもって肌にやさしくないクレンジングになっちゃいます。

ということで、クレンジングミルクなら肌にやさしいはず、とチェックをあまくせずに、「ちゃんとメイクが落ちること」を含めて、クレンジング選びの条件はちゃ〜んとチェックしながら選んでくださいね♪

  TINTAUNITA アロマティッククレンジングミルク
天然アロマのクレンジング「TINTAUNITAティンタウニータアロマティッククレンジングミルク ◆水溶性ビタミンC
◆ネロリ油(精油)
◆オレンジ油(精油)
◆内容量200ml
◆価格2100円(税抜)
オイル派の私が「おっ!これなら使ってもいいかも」と思ったクレンジングミルク。みずみずしい感触がミルクならでは。マスカラはリムーバーで落としますが、その他のメイクはきっちり落ちるし、洗いあがりはしっとりしてるし、ミルクタイプの中ではかなり優秀です!
※2015年10月をもって販売終了になりました。超残念!
  ラグジュアリーホワイト クレンジングミルク
◆ハイドロキノン
◆内容量200ml
◆価格3990円
アンプルールのクレンジングミルクにももちろん、特徴成分のハイドロキノン配合。でもまぁクレンジングなので、クレンジング中の美白効果を期待するよりも、つかいやすいテクスチャーとか洗いあがりの肌のしっとり感に注目しよう。拭き取り可能だけど、ニキビ肌に刺激を与えないように洗い流すのがオススメ☆

クレンジングのまとめ

クレンジングは、形状よりもクレンジング剤の種類や品質によって、ニキビにいい、わるい、が別れる気がします。 基本的には形状については、ほんと、好みだとおもいます! わたしの中のチェックポイントとして、重要に考えているのはこの2つ。
  • 洗い流せるタイプ
  • ダブル洗顔不要

わたしは毎日ファンデーションからアイメイクまできっちりしないといけない環境、かつ、皮脂がうきやすいので、一日の終わりの肌には「油性のよごれ」をはっきり自覚します。
これをニキビに刺激をあたえずに、きっちりおとすことができるのは、「洗い流す」しかないかな、と個人的におもっています。

「ダブル洗顔」についての条件は、一見、使用方法をチェックしているだけに思われますが、実は、配合されている「界面活性剤」を選別しています。
クレンジングの後、肌への負担がかるい界面活性剤である石鹸をもって、クレンジングに配合される界面活性剤をとりさらなくてもいいということは、そのクレンジングにふくまれる界面活性剤が、肌に残らないことに自信をもっているということだからです(100%ではないですが)。

実際にクレンジング後に石鹸洗顔するかどうかは別にして、「ダブル洗顔をしなくてもいい」というクレンジングには、肌に対する刺激やクレンジング剤がのこることがすくないようにおもいます。
このような肌にとって安全性の高い界面活性剤は、原料原価がまだ高いため、これを利用したクレンジングの価格帯はすこし高めのようです。

関連情報
 ファンデーション
大人のニキビがあったってメイクしないといけない人は上手にファンデをえらぼう!
 コンシーラー
ニキビの赤みをかくすためにべったり厚塗りはNG。上手にコンシーラーをつかってみよう!
 日焼け止め(UV対策)
大人のニキビ肌の天敵「紫外線」対策は必須です!肌がつかれているときは、ニキビ肌にもやさしい日焼け止めをえらぼう!
 男性にも使いやすい化粧品
大人のニキビができてしまう男性の肌は、もれなく水分不足です!香りやべたつきのないアイテムなら男性でも大丈夫!
 ためせる化粧品
わがままな大人のニキビ肌にうれしいためせる化粧品でまず肌のご機嫌をうかがおう!
 大人のニキビ跡「色素沈着」
ニキビ跡はメイクで「隠す」と同時に、「消す」努力もしてみよう!
 敏感肌用化粧品
大人のニキビ肌は、時期によって「敏感肌」になってしまいます。
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]