『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!-[HOME] > ニキビ跡ケア「リンゴ幹細胞」

リンゴ幹細胞

人間の体は、それぞれちがった機能をもつ約200種類の細胞、60兆個でできています。
その200種類の細胞を「再生するか、しないか」に注目してざっくり3種類に分けてみます。

  1. どんどん再生する系:血液、骨、皮膚
  2. 必要なときだけ再生系:肝臓
  3. まったく再生できない系:神経、骨格筋

例えば、骨が折れても1〜2か月、ギプスをはめておとなしくしているだけでなおってくれるのは、そもそも骨が「どんどん再生する系」の細胞があつまった組織だから。
ツメがわれても、髪の毛がいたんでも、ちょっとすりむいても勝手になおってしまうのも、「どんどん再生する系」の細胞のおかげ!

「どんどん再生」こそしないけど、肝硬変のケースなど、肝臓のわるい部分をごっそり手術でとってしまえるのは、肝臓が「必要なときだけ再生系」で、失ってしまった部分を再生する細胞があるからです。

反対に「まったく再生できない系」の細胞でできている神経は、自分の力ではダメージをうけた細胞を再生できません。神経に関係した部分の治療はとてもむずかしくなります。

大人のニキビと細胞

さて、大人のニキビと関係する細胞は、キホン的に「どんどん再生する系」の細胞たちです。

まず、血液の中の細胞、白血球。
ニキビがあかく炎症をおこしてしまったとき、ニキビの中では白血球が雑菌と必死にたたかってくれています。ようやく雑菌をやっつけて、炎症はひいてきたとしても、戦いの後、白血球はご臨終。 その「白血球の死骸」こそ、炎症ニキビの中にたまる「うみ」なのです!
炎症ニキビの炎症をおさえるために死ぬこともおそれずたたかってくれる白血球は「どんどん再生する系」の細胞なので、どんどん雑菌とたたかってどんなに死んでもわたしたちの体は大丈夫なのです!

つぎに、皮膚細胞。
炎症ニキビがこわしてしまう皮膚の細胞も「どんどん再生する系」なので、時間さえかければ、肌はもとどおりになるはずです。 ただ、「どんどん再生」しにくくなる種類の皮膚細胞があることもわかってきました(悲)

皮膚の細胞と「幹細胞」

肌はありがたいことに「どんどん再生する系」の細胞でできているので、ちょっとばかりダメージをうけたとしても自分の力で「どんどん再生」しているので、とくになにもしなくてもいつのまにか傷もなおるし、日焼けした肌色ももとにもどります。

ところが「どんどん再生する系」の皮膚細胞も、年をとったり、ニキビやストレスがつづくと「どんどん再生する」パワーがすこしずつおちてきます。 どんどん再生していたはずの肌のぷりぷり感をつくるコラーゲンやゴムのような繊維で肌がたれないようにささえるエラスチンなど、肌の土台をつくる細胞がへることで、ますます肌のパワーは低下。

それは「幹細胞」の数がすくなくなっていることがそもそもの原因!

皮膚の「幹細胞」は、表皮細胞、真皮細胞、メラノサイトなど、肌の材料になっているたくさんある種類の中のどんな細胞にもなれて、さらに自己複製できる、すべての細胞の「もと」になっている細胞のこと。

充分な数の幹細胞が肌にあって、しっかりはたらいているるかぎり、新しい皮膚細胞が「どんどん再生」されて、肌のトラブルもすっかりキャンセルされるはず。

「再生できない系」と「必要なときだけ再生系」の幹細胞については研究がすすんでいる最中ですが、「どんどん再生する系」の幹細胞についてはすでに実用段階♪ 病気やケガの治療に「幹細胞」が活躍しています!

「どんどん再生する系」の幹細胞が「どんどん再生する」の仕事をたすけてくれるのが、リンゴ幹細胞なのです!

リンゴ幹細胞のはたらき

なぜかおんなじところにばっかりニキビがくりかえしてできるのは、ニキビが炎症をおこしたり、化膿してこわしてしまったニキビのまわりの皮膚細胞をあわててへんな風に修復するせいで、ニキビができやすい構造の皮膚になってしまうから。

ニキビがあった部分の肌は、皮膚細胞のターンオーバーで完成する「4層構造」もままならない状態です。
乱れた表皮は、ニキビのモトとなる皮脂の出口をふさぐため、ニキビができやすいのです・・・

つまり、「新しい細胞がどんどん生まれること」で「くりかえしニキビ」がふせげるのです!

リンゴ幹細胞は、そもそもリンゴからとりだした幹細胞なのですが、わたしたちの肌の幹細胞のはたらきをたすけることがわかったのです!

  1. 肌の皮膚幹細胞の健康キープ→【肌の表面の水分キープ】
  2. 新しい皮膚細胞の生成を促進→【EGF効果】
リンゴ幹細胞のターンオーバー

リンゴ幹細胞のすごさは、そもそもがんばってくれなきゃこまる「ヒト皮膚幹細胞」にはたらきかけるところ。
皮膚細胞があたらしく生まれる「もと」になるヒト皮膚幹細胞がただしくはたらいて、いつでもやわらかくてぷるぷるにうるおった新しい皮膚細胞をうまれさせるパワーがリンゴ幹細胞にはあるのです!

ニキビができにくい肌に改善するにも、ニキビができてしまった後すぐにニキビができることをふせぐにも、リンゴ幹細胞の皮膚を修復する機能が有効なのです!

リンゴ幹細胞配合のアイテム

ストレスや紫外線、年をとるだけでも、減ってしまうリンゴ幹細胞。
リンゴ幹細胞がすくない肌は、乾燥しやすいだけじゃなく、皮膚細胞、コラーゲン、ヒアルロン酸がうまれにくい、いわば、ニキビができやすい肌の状態。
リンゴ幹細胞を生成する技術がようやくがしっかり定まって、たっぷり入ったコスメもお手頃プライスで登場。たりないリンゴ幹細胞をささっと補給できるようになりました!



リンゴ幹細胞配合美容液

リンゴ幹細胞の保湿効果と皮膚再生効果をねらった美容液たち♪

  TINTAUNITA トリートメントセラム
EGF配合「ティンタウニータ・トリートメントセラム」 ◆リンゴ幹細胞
◆EGF(上皮細胞増殖因子)
◆油溶性ビタミンC
◆プロテオグリカン
◆イリス根エキス
◆ネロリ油(精油)
◆内容量50ml
◆税抜価格4000円
リンゴ幹細胞だけじゃなく、EGF(上皮細胞増殖因子)、プロテオグリカン、油溶性ビタミンC誘導体、ネロリ油など、皮膚の細胞生成を促成する成分たちの相乗効果が期待できる贅沢処方の肌再生美容液! 濃い内容とリーズナブルな値段で学生のサポーターにもやさしいコスパ的にはNo1のブランド。おとニキイチオシです♪
関連情報
 EGF(上皮細胞再生因子)
医療にもつかわれるEGF(上皮細胞再生因子)はニキビのダメージからすばやく回復させるのに有効です!
 炎症ニキビってなに?
炎症ニキビの基礎知識をまず頭にいれておきましょう!
 炎症ニキビケアのキーワード1
ただの抗酸化では炎症を悪化させることもあるので、炎症ニキビケアのキーワード1は「刺激のすくない抗酸化物質」!
 炎症ニキビケアのキーワード2
炎症ニキビがやっかいなのは、色素沈着や凸凹のニキビ跡に発展するから。炎症ニキビケアのキーワード2は「ダメージをうけた肌を再生する成分」!
 炎症ニキビおすすめアイテム
炎症ニキビには、おとニキ独自キーワードにそったアイテム選びが近道です!
 コンシーラー
ニキビの赤みをかくすためにべったり厚塗りはNG。上手にコンシーラーをつかってみよう!
 日焼け止め(UV対策)
大人のニキビ肌の天敵「紫外線」対策は必須です!肌がつかれているときは、ニキビ肌にもやさしい日焼け止めをえらぼう!
 男性にも使いやすい化粧品
大人のニキビができてしまう男性の肌は、もれなく水分不足です!香りやべたつきのないアイテムなら男性でも大丈夫!
 ためせる化粧品
わがままな大人のニキビ肌にうれしいためせる化粧品でまず肌のご機嫌をうかがおう!
 大人のニキビ跡「色素沈着」
ニキビ跡はメイクで「隠す」と同時に、「消す」努力もしてみよう!
 敏感肌用化粧品
大人のニキビ肌は、時期によって「敏感肌」になってしまいます。
 フラーレン
医薬としての実績もあるフラーレンは、活性酸素を強力に除去して炎症ニキビができにくい肌にたもちます!
 活性酸素ってなに?
「おとなのニキビをなおしてしまおう!」では、活性酸素が炎症ニキビの直接的原因とかんがえているのです!
 アクネ菌ってなに?
アクネ菌のことをなんとなくわかっているだけでは、まちがったケアをしてしまいます!
 アクネ菌のホームケア
アクネ菌を自宅でケアするときは「根こそぎやっつけてやろう!」と思わない方がうまくいきます!
 フォトフェイシャルアクネス
病院治療でアクネ菌をやっつけるなら、絶対にコレ!
 「即効」ビタミンC
抗酸化物質でもあるビタミンCは活性酸素をやっつけて、炎症をおさえます!
 大人のニキビの根本的な原因
直接的じゃないからと、あまり焦点をあてませんでしたが、活性酸素との深い関係は否定できません!
 ニキビ跡の色素沈着をなおしてしまおう!
アクネ菌ケアに失敗すると色素沈着しやすくなります。でも大丈夫!ちゃんとケアすれば早くなおります!
 ニキビ跡凸をなおしてしまおう!
化膿がひどいときは凸になりますが、これもケアすると改善できます!
 ニキビ跡凹をなおしてしまおう!
にっくきアクネ菌のせいで化膿して凹んたニキビあとも、根気よくケアすれば、目立たなくなります!
『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]