『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!
height="10" 推奨コスメナビ height="10" サイトマップ
『おとなのニキビ』をなおしてし まおう!-[HOME] > 大人のニキビ跡もなおしてしまおう! 「赤み・色素沈着」

大人のニキビ跡「赤み・色素沈着」

にきびが化膿すると、化膿した箇所の炎症がおさまったあと、赤みがなかなかひかな かったり、色素沈着を起こして茶色っぽいシミになったりすることがあります。これらの 症状は、程度によりますが、通常3〜6ヶ月で徐々にめだたなくなってきます。

ざんねんながら、これらのにきび跡の色素沈着は、通常のシミのように「レーザー」治療で一瞬でとってしまうことにはむいていません。でも、ツボをおさえて 地道にケアすることで、格段にはやく改善することができます。そのツボとは、この2つです。

  • 皮膚の奥のメラニンを除去する
  • 肌のターンオーバーを活発にして、あたらしい皮膚細胞をどんどん生成する

ニキビ跡の色素沈着に効くといわれている成分はたくさんあります。実は、美白アイテムは、ニキビ跡の種類や、肌の状態をみながらアイテムを選ばないと、 え〜!というくらい、さっぱり効かないこともあります。

わたしの経験では、赤みがつよいニキビ跡には『フラーレン』、ニキビがおさまった後の、茶色い色素沈着には『ハイドロキノン』が効きます。新しいニキビができている間は、やっぱり美白の定番『ビタミンC』を強力におススメします!どんな肌状態でも、茶色い色素沈着にも赤みにもオールマイティに効果を発揮してくれるからです♪ニキビ跡の色素沈着、アイテムえらびにこまったら、ビタミンCアイテムでケアするのが無難かも!?

フラーレン

フラーレンは炎症ニキビの原因になる活性酸素を強力に除去することに関しては、ビタミンCをふくめたあらゆる抗酸化成分の中でもダントツにパワフルな主力成分です。
フラーレンのおかげで炎症ニキビができなくなった後も、ニキビ跡の色素沈着をはやくなおしたいなら、ぜひぜひ続けてほしいのがこのフラーレンなのです!

個人的には赤みのあるニキビ跡に効果があるように感じるフラーレンですが、それは、このスゴイ抗酸化力がニキビの炎症をおさえた後、赤みがどんどんひくせいだとおもいます。 活性酸素はニキビに炎症をおこさせるだけじゃなく、メラノサイトを刺激してメラニン色素をつくらせます。 つまり、大人のニキビが炎症をおこしている間に発生した活性酸素のせいで、多くのメラニン色素がつくられるので、ニキビの赤みがおさまった後には茶色いメラニンの色素沈着がおきてしまうのです。 フラーレンは実際にはメラニン色素の生成を抑制する効果もあるので、炎症がおさまった後の茶色いメラニン系の色素沈着にも効果があることがわかってます!

  • メラニンの生成をストップ
    メラノサイトが必要のないあらたなメラニンをつくるきっかけをなくします
  • 細胞死内側から肌の基礎体力をアップさせ、ターンオーバーのサイクルを正常化
    活性酸素から皮膚細胞をまもることで、ひとつひとつの細胞を元気にたもって、肌の内側から基礎体力をアップさせ、新陳代謝をうながして、できてしまったメラニンを皮膚細胞といっしょに肌の外へ排出します

浸透系ビタミンC誘導体(進化型ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体)

ニキビ跡の色素沈着は、表皮の一番奥の層、「基底層」でつくられ、その上の層「有棘層」にいすわっているメラニンの仕業です。

メラニンは、肌のターンオーバーの機能によって、他の皮膚細胞といっしょうに排出されうるのですが、ニキビが炎症をおこしてしまったりした部分は、多少なりともダメージをうけているので、正常なターンオーバーができるくらいに回復して、メラニンを排出するまで、すこし時間が必要です。

有棘層のメラニン色素と、基底層でメラニン生成をコントロールするメラノサイトに直接作用するのが、進化型ビタミンC誘導体とです。

ビタミンCの美白作用は有名ですが、進化型ビタミンC誘導体のすごいところは、その浸透性のたかさ。
肌のバリア機能を突破させ、色素が滞っている顆粒層(表皮の奥から2番目の層)や、メラニン生成を管理するメラノサイトがある基底層(表皮の一番奥の層)まで浸透させることができます。 さらに、進化型ビタミンCは、細胞壁を通過して皮膚細胞の中にまで浸透して、メラニンに直接作用するのです。
進化型ビタミンC誘導体は、肌のおくから色素を根こそぎとるニキビ跡ケアの王道 なのです!

メラニン色素に関係する層まで浸透した「進化型ビタミンC誘導体」は、そこからさらに、真皮まで浸透することがわかっています。
真皮に到達したビタミンCは、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌の新陳代謝をたかめる働きをします。
皮膚細胞がどんどんあたらしくうまれかわると、表皮にとどまったままだった色素も排出されやすくなって、ニキビ跡の色素沈着が改善する、という美白ルートも期待できるのです!

傷あと治療クリーム

小林製薬の説明によると「傷あととは、傷ができたあと傷口を修復する時に皮ふ組織が異常に増殖することでできる赤み(つっぱり)などやもり上がり(しこり)のこと」。
ということは、炎症ニキビがなおったあとは、まさに「傷あと」!
傷あとのちかくの皮膚の血行をよくして、傷あとをはやくなおす医薬品クリームがニキビ跡にも有効なのです!
   小林製薬 アットノンクリーム 15g   
   アットノンは、有効成分「ヘパリン類似物質」が血流の循環を良くして、皮ふの新陳代謝を促進することで、皮ふ自体の正常化機能が回復。 角質に水分を保持させ柔軟性を取り戻すことで、傷あとを改善していきます!

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体のイオン導入が肌のおくから色素にはたらきかけるなら、ハイドロキノンは皮膚の表面から色素をたたきます!
とくに、茶色っぽくのこったニキビ跡に効果があります。

「ハイドロキノン」といえば、病院でシミ治療のときに処方される薬の成分でもあります。わたしは、レーザーでシミをバチバチッととったあと、色素沈着をふせぐために、この「ハイドロキノン」を処方されました。
「ハイドロキノン」は、化粧品メーカーが発売している高級美白クリームに配合されることの多いコウジ酸やアルブチンの100倍の美白効果があるといわれていますが、問題は、あつかいがむずかしい!こと。
処方された薬は冷蔵庫にいれて1週間くらいしかもたないし、その間も白い色がどんどん茶色くなっていくし...。

そんな「ハイドロキノン」を安定させ、化粧品に配合することに成功したのが、 アンプルールです。 安定型ハイドロキノンだけじゃなく、ありとあらゆる美白成分(フェルラ酸、グリチルレイン酸、カッコンエキス、ワルテリアインディカ葉エキス、グ リコシルルチン、プラセンタエキス...)がぎっしりつまったクリームの「すごい美白力」は、つねにどこかのコスメ雑誌でとりあげられています。

ローションはすこしとろみがあるのですが、肌にのせたとたん、じゅわっとしみこんで即効モチモチっとします。 クリームは、肌にのせると自然なつやはあるけど、べたっとしないので、大げさなかんじはありません。 ローションもクリームも、ほんのりいい香りで、シンプルな感触。

わたしはアンプルールでたった3週間でシミを半分消しました。
アンプルールのクリームを使い始めて2週間くらいで、ほおにあった1cm四方のシミが 薄くはなっていたのですが、3週間目にして、茶色のシミだった部分に、肌色の5mm四方のエリアが2つ出現しているではないですか!

大手化粧品メーカーの「効いてるような効いてないような」名ばかりの美白クリームとは一線を課したアイテムと思っていますが、やっぱりその分、リスクはあります。 ハイドロキノン自体は肌に刺激をあたえることがあるので、炎症ニキビは悪化する可能性があります。 ハイドロキノンを使い始めるのは「炎症ニキビがおさまってから」が条件です!

   アンプルール美白ケアトライアルキット   
   美白ケアトライアルキット、1,890円(初回限定・送料無料)!

アンプルールのようなつけてるときの「幸福感」はないですが、 デ ルマキューU ホワイトCエッセンス 10 も「ハイドロキノン」1%配合(ビタミンC誘導体は9%)の優秀美白アイテムです。
エッセンスなので、顔中にべたべたぬるというより、スポイトで少し手にとって、気にな るポイントに指でとんとんなじませる使い方をしています。
美白効果は充分なのに幸福感がないのは、ちょっとだけ食べ物っぽい(しょうゆ?)にお いがあるからです...。
でも、顔全体につけるわけではないし、1時間くらいすると成分が吸収されるのか、あま りにおわなくなるので、においがあることを最初からわかっていれば意外に大丈夫!(し らないとちょっとびっくり。)
効果と価格は100点満点のオススメアイテムです!

ちなみに、「ハイドロキノン」は、欧米の美白アイテムにはよくふくまれている成分なのですが、日本では、2001年の薬事法改正で化粧品へ配合できるよう になりました。
化粧品に配合される量では刺激を感じるほどではないと思いますが、炎症ニキビや化膿し たニキビには多少なりとも刺激になることがあるので、「ニキビ跡」につかう成分として つかってくださいね!

ピーリング石ケン

ピーリング石鹸などAHAピーリングは、もともとメラニンの生成抑制効果があります。 さらに、皮膚の新陳代謝を促進する効果があるので、皮膚がうまれかわることでメラニンを排出します。 また、グリコール酸のピーリングは、1回でも赤みや色素沈着のない部分の表皮の色むらを修正するので、全体的にみて、赤みや色素沈着の印象がうすれます。
AHAの中でも、ニキビ跡の色素沈着にもっとも効果が高いといわれるのは乳酸です。ニキビの治療をしながら、ニキビ跡の色素沈着をなおす、ダブルピーリング(グリコール酸ピーリングで角質除去した後、乳酸ピーリングでニキビ跡ケア)という治療もあります。

姉妹サイト&メルマガ
nikibi
                                check! ニキビ跡をなおしてしまおう!
「ニキビ跡」情報専門の姉妹サイトでもっとふかくニキビ跡をしろう!
関連情報
 フラーレン
医薬としての実績もあるフラーレンは、活性酸素を強力に除去して炎症ニキビができにくい肌にたもちます!
 油溶性ビタミンC誘導体
「ビタミンC誘導体」の中でも油溶性のものは真皮まで浸透して作用します!乾燥タイプ、敏 感肌、めんどくさがりさんにとくにオススメです!
 進化型ビタミンC誘導体
水溶性ビタミンCの即効性と油溶性の浸透性を同時にもつ進化型ビタミンCは、表皮と真皮と 皮膚細胞内の3ヶ所で作用するのに、刺激はゼロ!
nikibi
                                check! 大 人のニキビ跡「凸」
大人のニキビの後は角質がかたくなって凸になることがあります。同じ場所にまたニキビがで きてしまうときも凸の可能性アリ!
nikibi
                                check! 大 人のニキビ跡「凹」
大人のニキビが化膿するまで悪化すると、おさまっても凹になってしまうことがあります。で もあきらめないでがんばってケアするとだいぶ目立たなくできます!
nikibi
                                check! じっくりビタミンC
大人のニキビ跡には、肌の奥深くからじっくり作用させるビタミンCケアが有効!シミやシ ワ、たるみなどその他のトラブルにもじっくりきいてきます!
nikibi
                                check! ピーリング石鹸
グリコール酸配合のピーリング石鹸は、毎日の洗顔ですこしづつ色素沈着にはたらいてくれま す。

『おとなのニキビ』をなおしてしまおう!TOPへもどる
[HOME]